端午の節句 2018.05.05

本日5日は
「こどもの日」
お子様にとっては新学期が始まってすぐの長い休みである黄金週間の1日と捉えているでしょう。
国民の祝日である今日は本来『こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに母に感謝する』という事が主旨だそうです。
こどもの日は1948年にせいていされたもので、それまでは「端午の節句」という呼ばれ方が一般的でした。

端午の節句 は五節句のひとつ。日本では奈良時代から伝わる風習です。

鯉のぼりを上げるのは〔どのような劣悪な状況においても生き抜くことができるたくましさを備え、立派に成長して欲しい〕という意味を込めて。

柏餅に使われる柏は、古くから神が宿る木とされています。
柏の木はしんめが出ないと古い葉が落ちないため、子孫繁栄を象徴するものとして縁起が良いとされています。
これらの理由から端午の節句には柏餅が食べられるようになったそうです。

粽(ちまき)は屈原のれいが川のほとりに立ち"供物を捧げてくれるのは有難いが、悪龍に盗まれてしまう。悪龍が嫌いな棟樹の葉で餅を包んだものを五色の糸で縛って欲しい"と里の人に頼んだという逸話が元になっています。
関東では 柏餅 、関西では 粽 を食べることが多いようです。

と、長い説明になりましたが、
本日は端午の節句をお祝いということで当店では本日に限り
柏餅を販売しております。宜しければお買い求めください。

柏餅(こし、つぶ、味噌あん)3個入り 1パック 178円(本体価格)