ほうれん草でポパイのように百人力 2018.04.05

■パラクパニールカレー
 (ほうれん草ベースのルーの中に自家製チーズ入りカレー)

ほうれん草は、テレビアニメの「ポパイ」の主人公で、オリーブなどが窮地になった時に王連想を食べると百人力になるという栄養価の高い野菜です。
そのほうれん草ベースのルーに、自家製のチーズが入ったカレーです。

■サグチキンカレー
 (ブロッコリーや菜の花の代わりにほうれん草のベースに鶏肉を入れたカレー)

胃腸を浄化したり、清掃する薬理作用のあるほうれん草に、万人が好きな鶏肉を入れた体に優しいカレー。
老若男女を問わず大人気です。

■サグマトン(ラム)
 (ブロッコリーや菜の花の代わりに、ほうれん草のベースに若い羊肉を入れたカレー)

栄養面ではB・C・E・K、葉酸等のビタミンや鉄・マンガン・亜鉛・カリウム・ナトリウムなどのミネラルを多く含んだ野菜。
このほうれん草をベースにヘルシーな羊の肉、それも2才以下の若い羊の肉ラムを使用した。
ヘルシー志向の人に大好評です。